フルオーダーメイドの治療

当院での矯正治療は、主に
“スタンダードエッジワイズ法”でおこないます。
この方法は、患者さまおひとりおひとりのお口の状態にあわせて、
ワイヤーを調整していく“フルオーダーメイド”の治療法で、
美しい歯並び、しっかりとした噛み合わせをつくります。

スタンダードエッジワイズ法

当院の矯正治療

スタンダードエッジワイズ法

その患者さまにあわせてワイヤーを曲げて治療を進めていくため、
1本1本の歯の形態、あごの形状にあわせた細かい調整をおこなえます。
習熟した医師がこのテクニックを用いることで、矯正治療後の安定性に
最も影響をあたえる“仕上がりの精度”をより高めることができます。

一般的な矯正治療

ストレートワイヤー法

日本人の平均値にあわせたプラケット既製ワイヤーを用いた矯正治療法です。
医師側にとって比較的、簡便に治療をおこなえますが、
規格外の形態を持つ歯に対しては対応できません。

矯正治療の装置について

スタンダードな矯正(唇側矯正・メタル装置)

歯の表側にブラケットをつけ、ワイヤーで歯並びを整えていく矯正治療方法です。
金属製の装置は強度が高く、矯正治療で特に治療効果が高い素材といえます。
最もスタンダードな方法で、当院でも基本的に第一選択としてご提案しています。

長所
装置が非常に丈夫、歯みがきがしやすい、話す時に違和感がない
短所
装置が目立つ

目立たない矯正(唇側矯正/白い装置)

白いプラスチック製のプラケットの装置をつけておこなう矯正治療方法です。
金属製と比べて、目立ちにくくなりますが、装置の費用は少し割高になります。

長所
メタル装置に比べて目立たない、歯みがきがしやすい、話す時に違和感がない
短所
メタルに比べると壊れやすい、舌側矯正に比べると人に気付かれる

見えない矯正(舌側矯正/メタル装置)

歯の裏側にブラケットつけておこなう矯正治療方法です。
装置が目立つということで矯正治療を断念された方も多いと思いますが、
この方法では、人に気づかれることなく、いつの間にか歯並びがきれいになるので、
精神的なストレスが軽減されるといえます。歯の表側に装置を付けることに
どうしても抵抗のある方や、職業上、矯正装置を付けられない方に特におすすめです。

長所
装置をつけていることが人に気づかれない
短所
歯みがきがしづらい、話しずらさを感じることがある

矯正治療にはいくつかの種類があり、それぞれにメリット・デメリットと適応症があります。
まずは一度ご相談ください。あなたにあった方法をご提案させていただきます。

TOPへ戻る