きれいな歯並び、輝くみらいを
お子さんにプレゼントしませんか?

これからの子どもたちの活躍の場は世界です。
笑顔は国籍を超えてつたわる
コミュニケーションのひとつです。
成長期のお子さんの場合、成人と比べて、
歯やあごの骨を動かしやすく、
無理なくスムーズな治療ができる分、
見た目も美しく、自然で機能的な口元を得られます。
きれいな歯並び、しっかりとした咬み合わせを、
早いうちからととのえてあげることは、
きっとお子さんへの最高のプレゼントになるでしょう。

お母さま、お子さまの口元を
意識してみてあげましょう。

お子さんの矯正を、いつから始めるべきか
お悩みのご家庭は多いのではないでしょうか?
乳歯から永久歯に生えかわり、骨格が成長する過程にある
子供の矯正治療は、効果的な治療開始の時期や、
必要性の有無などの判断がとても重要になります。
もし必要なら最適な時期に、最適な治療を行なってあげるためにも、
ご相談は、早い時期にいらしていただければと思います。
なお、日本矯正歯科学会では、何も問題がなくとも
7才になったら矯正専門医を受診することを推奨しています。

TOPへ戻る